治療に便利なキャリー
2017年05月18日 (木) | 編集 |
猫を病院に連れていき
さー診てもらおうと猫をキャリーから出そうと思ってもなかなか出てきてくれない

みなさんは、こんな経験はないですか?

前足で突っ張るわ、後ろ足で踏ん張るわ
猫にしたら必死ですよね。

それを出そうとするほうも必死ですけどw

うちのかかりつけの病院で猫の飼い主さんにおすすめされているのが上開きのキャリーです。

猫はシャイ〔怖がり)な子が多く
診察室で暴れてしまうとケガをしてしまう恐れがあるので
キャリーの中に入れたまま上の蓋だけ外して診察をするのがいいそうです。

先生からも
もしキャリーの購入を検討されている人がいれば
上の蓋が外れるものをすすめてあげてください
と言われているんです。

FullSizeRender (42)
(病院の壁に貼られている)


ちなみに、凶暴ネコ、ハヤも上開きのキャリーを使っています。

慢性腎不全に欠かせないこと
それは皮下輸液

ハヤが慢性腎不全と診断されてから一年以上になりますが
5日に一回、通院して点滴を受けています。

腎不全の猫ちゃんを飼われている方のブログなど
よくのぞかせてもらっているのですが
結構、自宅で点滴をされている方が多いですね。

その方が、経済的にも良いし、
なにより猫ちゃんに通院というストレスがかからない。

ハヤは凶暴猫で病院嫌いのため
自宅でできるならその方がいいのかなと思っていて
状態が落ち着いたら先生に聞いてみようかなと思っていました。

ですが、聞くまでもなく先生の方から、
自宅で飼い主さんに点滴を任せている病院もあるようですが
うちの病院ではそれはしていません。
獣医師として無責任だと思うので

と、言われてしまったのです。
(先生は点滴前に必ず首元を引っ張って脱水具合と胸の雑音がないかを聴診器で確認します)

確かにそうだな
と思い、ちまき自身は納得して
通院での点滴をお願いしているのですが
やはりその病院でも自宅でできませんか?
と言われる飼い主さんもチラホラおられるようです。

そんな腎不全には欠かせない皮下輸液ですが
ハヤは凶暴猫のため上開きキャリーでさらに洗濯ネットに入れて行います。
(凶暴ネコの場合、横開きだと咬まれます)

FullSizeRender (43)
(まずは体重測定)

その後、一度キャリーに入れ上蓋を外した状態で点滴してもらいます。

FullSizeRender (45)

FullSizeRender (44)
(ネットに入れると大人しい)

ネットで動きを少なくすることで落ち着き
なおかつ体を囲ってやることである程度安心できるようです。

突発的な動きにもネットとキャリーが邪魔をして
お互いがケガをしなくて済むというメリットもあります。

ただやはり、若い男の子などはネットを破るほど暴れますけどw

それでもキャリーがあれば診察台から落ちる心配もありません。

うちのにゃんずは横に扉が付いているタイプのキャリーだと
引っかいて爪をケガしてしまったことがあるので
バタバタする子には上開きのものを使うようにしています。

あと、とにかく、出すのが楽です(笑)

FullSizeRender (46)

FullSizeRender (47)
(ふたが外せてベットにもなる)


これから購入をお考えの方におすすめしたい商品でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リッチェル ピコ キャットキャリー 猫 犬
価格:2340円(税込、送料別) (2017/5/18時点)





おまけ
FullSizeRender (48)
点滴後の水分たっぷりハヤ




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可