凶暴猫用の保定袋とマズル
2017年05月19日 (金) | 編集 |
皆さんの猫ちゃんは良い子に診察を受けれますか?

先日ハヤの点滴で病院に行ったとき
先生の腕に大きめのテープが貼ってあって
話を聞くと、大型犬の爪にやられて負傷したとのことでした。
口輪はしていて咬まれずにすんだそうですが、
咬まれていたら診療もままならず、大変な事になっていたと思います。

やはり飼い主がそういった事故を未然に防ぐ為に
出来ることはしたいものです。

今でこそ大人しく点滴を受けてくれるハヤですが
若い頃はそれはもう手に負えないほどの凶暴猫だったため
もしもの時のためにと、ちまきはあるものを用意していました。
それがこちらの商品

FullSizeRender (49)
(保定袋とマズル)

コントロールバックとコントロールマズルです。
保定袋は本当にいろいろ売ってますが
このコントロールバックはチャックを開ければ前足や後ろ足が出せるようになっていて
採血などの時に便利そうだな~と思ったのが購入した理由でした。
コントロールマズルは顔をすっぽり覆うため視界を遮り咬まれる心配も少ないかなと思います。

・・・ですが・・・ハヤは入れるのも困難なほど暴れてしまい断念した商品です。
(いまなら可能ですが洗濯ネットで事足りています)

今回、その商品をよもちゃんにお願いして試しに使ってみることに!
IMG_1851.jpg
前からかぶせて

IMG_1852.jpg
後ろがマジックテープになっています。

IMG_1854.jpg
こんな感じ。よもには少し大きいみたいです。


このままコントロールバックにも入ってもらいましょう

IMG_1855.jpg
まず上のチャックを外して

IMG_1857.jpg
首の所のマジックテープをとめて

IMG_1858.jpg
体全体を袋に入れます

IMG_1859.jpg
そしてお尻の方からチャックをしめて

IMG_1860.jpg
はい、出来上がり

IMG_1861.jpg
腕を出して採血や爪切りも出来ます。

お気づきの方もいると思いますが
途中から よもの顔にしていたマズルが取れちゃってますね。
よもぎは体重3キロほどで我が家の中でも小柄なのですが
Sサイズでも大きいようです。

こんな感じで よもは簡単に入れることが出来ました。
終始、ノドをゴロゴロ鳴らして協力してくれました。
ありがとう。
IMG_1862.jpg
出してあげた後でも自ら入ってきて
IMG_1863.jpg
頭を突っ込む
IMG_1864.jpg
噛むほどうれしかったのかな(;^ω^)




おまけ
IMG_2256.jpg
よもの様子を見に来たものの
怖がって後ずさりをするつくし




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     


ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw



スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可