がんばれ…
2018年05月11日 (金) | 編集 |
水曜日、もちがこじろうと病院から帰ってきて入れ違いにハヤと病院に行ってきました。

IMG_7825.jpg

こじろうとは対照的にハヤは全てが悪い方に転がってしまっています(T-T)

先週土曜日にした尿検査で潜血が2+
それに対して、抗生剤と止血剤が処方されました。
帰って検査結果を見てみると尿糖±になっている事に気付いて…。


IMG_7816.jpg


初診の時に院長先生と話をしてステロイドを減らしワセリンをストップしていたんですが、たった数日で明らかに食べる量が減り、食べる量が少ないからかウンチも出ない。

それでもお腹が張るのか何度かトイレに入った跡があるけど、何もない。(チッコはちゃんと出てます)

日曜日の夜に二回嘔吐。月曜日の夕方に二回嘔吐。ウンチが5日出てない事もあり心配で予定してなかった月曜日の夜に急遽病院へ。

お腹の触診とエコーをしてもらった後(院長先生とは違う男の先生)、点滴をしっかりしてもらい(針を刺したりは私がした)
吐き気止めの注射と腸を動かすお薬が処方されました。

IMG_7818.jpg


水曜日。院長先生の診察日。
まずはオシッコ検査の結果(水曜日の朝に採れたのをもちが先に出しておいてくれていた)
潜血よりまず言われたのが、尿糖が出てる事でした。
前回は±
今回は1+
(潜血は出てませんでした)

本来ステロイドの副作用である糖尿病を心配するのですが一週間前にしてもらった血液検査は正常値で糖尿病を疑うものではない。
だから、気にはなるけど今回は様子を見ましょうと言う事で二週間後にチッコ検査をします。
(調べると猫は強いストレスを感じると血糖値があがり尿糖が出るとか出ないとか…)


そして、食べる量が減った事やウンチが出ない事に対して、減らしていたステロイドとワセリンを元の量に戻しましょうと言われました。

色々、変更をしてしまった事でリズムが狂ってしまったので一旦元の状態に戻しましょうと。
戻す事で食欲が出てくるなら、その方がいいですと言われました。


体調を崩すくらいならステロイドも続けて行った方がいいと言う事でした。(これは前の病院の先生も同じ考えでした)

若い子ならまた違ってくるけど、食べて寝て、そんな当たり前の普通の生活を送るために必要ならお薬を続けていこうと言う事になりました。

IMG_7821.jpg


ハヤはもうすぐ17歳。

残されてる時間は他のどの子よりも少ない。


分かっていたのに。
こうなる事が一番怖かったのに。
転院した事で体調を崩させてしまったのは私の責任。
飼い主の私の責任。

1日でも早く体調が戻るようにできる事はなんでもやっていきたい。
あ、でも前の病院には戻りません。
今の病院で頑張るつもりです。


土曜日に病院に点滴に行って次からは自宅で出来るように点滴セットを持って帰りたいと言うつもりです。
まだ一人でした事ないけど。

ストレスが原因なら、まずは通院を減らしてあげないと…




週末なのでコメ欄お休みします(*´꒳`*)




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw


スポンサーサイト