猫の便秘にワセリン
2017年04月30日 (日) | 編集 |
慢性腎不全の症状の1つに便秘があります。

いくら飲んでもおしっこで出て行ってしまう体は常に脱水状態で
体中の水分を求めて、やがてうんちの水分をも吸い上げていきます。

水分を取られたうんちは、カチカチになり肛門付近で塊となって
さらに頑固な便秘へと進化していきます。(巨大結腸症)

そうなる前に、点滴で水分を補ってあげないといけないのですが
ハヤの場合、もともとが便秘気味だった為
点滴だけでは慢性的な便秘は改善されませんでした。

イキんでイキんで嘔吐→脱水が進む→食欲不振
そのうち元気もなくなり更にひどい便秘になる。

こうなると負のスパイラルです。

もはや自分の力だけでもどうにも出来ないので人の力を借りるしかありません。


動物病院によって便秘の処置は違うと思います。

あまり酷い場合は摘便をされます。

もきちの場合は摘便をされていました。

ワンちゃんやにゃんたちで経験ある方はわかると思いますが
あれ、ものすごく辛そうなんですよね。

だって指を肛門に入れてウンチを搔き出すんですから
痛いはずがない。

された後はやっぱり出血とかするし・・・。

でもハヤの場合は凶暴ネコのため摘便ができず
次の処置というと下剤を使用ということになるんだけれど
これまたハヤは慢性腎不全のため下剤を使用するとさらに脱水症状が進むためそれもできず。



今回、先生にいろいろ相談し、ある物を処方されました。

FullSizeRender (13)

これ ワセリンです

綿棒でお尻周りに塗るとかじゃないですよ!

なんと口から与えるんです。

油なので体に吸収される事なく
うんちを優しく包みスルりと体の外へと排出してくれる

ステキ飲み薬なのです。

FullSizeRender (12)

一回量がこのぐらい(デザートのスプーン)
ハヤの場合は朝、夜に二回、経口投与しています。
(量が多いと下痢します。)


このワセリンってドラッグストアに普通に売ってて
(皮膚の保護とか保湿用とかで)
赤ちゃんでも使用できるとうたっているので
割と安全性は高いと思いますが
ちゃんと病院で処方されてないのを飲ますなんて抵抗ありまくりですよね。

そこで、ワセリン同等の効果があり
嗜好性が比較的よく無理なくあげれる
お勧めの商品がこちら(←テレビショッピング風にw)

IMG_1451.jpg

猫の毛玉取り スッキリン

次回はそのスッキリンのお話です。

*動物病院で処方せれるものは黄色ワセリンです。
精製度は黄色ワセリン<白色ワセリン<プロペトの順です。
アレルギー持ちの子は獣医師の相談の下、与えてください。




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
その気になれば
2017年04月30日 (日) | 編集 |
まずは恰好から




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村




テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
猫にビタミン
2017年04月29日 (土) | 編集 |
前回、ハヤが長期間使っていたサプリや使用する時に
注意が必要だと感じたサプリがあると書きましたが

凶暴猫は診察お断り

今回は、その使用する時に注意が必要だと感じたサプリの話です。
そのサプリはこの3つ。

マルチミネラル
マルチビタミン 
ビタミンC


はっきり言って、ちまきはそーいった健康食品や
栄養素など全く詳しくありません。(´・ω・`)

なぜハヤにサプリを使ってみようと思ったかと言うと
当時通っていたカイロプラクティックの先生に
勧められた事がきっかけでした。

その先生も犬を飼っていて
ハヤの口内炎の話をよく聞いてもらっていて

猫は自分の体の中でビタミンCを作ることが出来るけど 
病気の子はそれすらうまく出来ないから外から補ってあげると体がそれだけ楽になるんだよ。
自分で作らなくて済むから。


体の事を勉強されている人に言われると
そうなんだー
と、妙に納得してしまい、早速その日からハヤに与えるようになりました。

その頃から現在まで
ハヤは月に一度必ず尿検査をしてもらっていて
サプリを与え始めた日がちょうど検査の日で、
その日の検査は問題なくクリア。

しかし

与え始めてちょうど一か月後の検査であるものが出てしまったのです。

それは・・・

シュウ酸カルシウム結晶

IMG_1182.jpg



*尿路結石は大まかに分けて二通りあります。
代表的なものはストルバイト(一番多いと言われています)
尿のphがアルカリ(高い)に傾いていると形成されやすい。
食事療法、サプリで溶かすことができる。

もう一つがシュウ酸カルシウム
phが酸性(低い)に傾いたときに形成されやすい。
食事療法やサプリで溶かすことは不可能。
結晶のうちにどんどん水を飲ませ洗い流すと
流れていく場合がある。

結晶が大きくなったものを結石という。



今まで一度も出たことがなかったのにー。( ;∀;)
しかも餌や薬でも溶かすことのできないシュウ酸カルシウム結晶。

獣医師さんにサプリを与えていることを話すと
すぐに中止するように言われました。

まだ結石にはなっていないと思うし。
原因がサプリなら一か月もすれば無くなりますよ


の、言葉通り一か月後の尿検査では結晶は確認されず
やはりサプリが原因だったという結論に。

猫の口内炎にサプリを使用されている方も多いと思います。

特に、ビタミンCは体に蓄積されず過剰摂取にならないと思っている飼い主さんもいるんじゃないでしょうか。

ハヤの場合、定期的な尿検査をしているので初期の段階で気づく事ができました。

尿検査をしていなかったら今頃、結石になっていたかも


マルチミネラル
マルチビタミン
ビタミンC


個体差はあると思いますが

過剰摂取にご注意下さい!!!
(獣医師さんの指導の下与えられることをお勧めします)



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



猫、多頭飼いのあるある
2017年04月28日 (金) | 編集 |
最近お気に入りで足繫く通ってるブロガーさんとこのにゃんずが
具合が悪くて吐いてたそうな。

病院に連れて行って処置をしてもらって帰ってきたけど
実は具合悪いのは別の子だったかも・・・と。
いまはごはんも食べて状態は落ち着いたみたいだけど。

でも、これって多頭飼いネコあるあるですよね(笑)

うちのにゃんずで言うと泌尿器疾患。

この子膀胱炎かかっちゃったから始まり
え!?この子も膀胱炎!?
ええぇー!?うそやん!!この子も膀胱炎!?
はぁ!?特発性膀胱炎ってなんや!??・・・みたいなw

トイレが少ないのかと悩んだし(15個置いてます)
トイレの砂が悪いのかと悩んだし(紙の砂を置き始めました)
砂を全部入れ替える間隔が長いのかと悩んだし(二週間に一回総入れ替えです)
ちょっとでも変な体勢でオシッコをしていたらこの子も膀胱炎かもしれないって不安になるし。

もうね、みんな膀胱炎を患ってるように見えちゃうんですよねw

目の前でどの子がどんな風にっていうのがわかればベストだけど
どの子がどんなオシッコをしていたか、とか
どんな風に吐いたのか、とか
その場を目撃しないかぎりわからない。

フードが同じものならなおさらわからない。

このへんが2匹以上の多頭飼いの難しいところですよね。


ネコってほんとによく吐く生き物ですよね。
うちのにゃんずたちもよく吐きます。

もちもちまきもその辺は慣れたもんで(慣れたくはないw)
吐しゃ物を念入りに調べて
どのフードでどの子が吐いたのかを一応調べます。

でも・・・

わかるわけねーだろ!
名前書いとけよ!

って思いながら後始末していますww


あと、吐くと言えば猫草

猫って猫草大好きですよね?

なのに・・・

アンタらなんで食べてすぐ吐くの?

病院の先生曰く「あれはただ吐かすだけのものだからオススメしない」とのこと。

うんうん、そうだよね

なのに・・・

アンタら、けぽけぽ苦しい思いするのになんで好きなの?

この吐く行為って一度に一回じゃないんですよね。
大体、2.3回は吐く。

なので吐しゃ物を1ヶ所見つけたら家の中をぐるっと一周して確認しないと
知らぬ間にスリッパで踏みつけてることも・・・。

それでも大体の見当を付けとかないと、と思って
もちとちまき、一応確認します。

①ご飯食べてすぐの嘔吐か?
②水を飲んだすぐの嘔吐か?
③どこで吐いていたか?
④胃液の嘔吐か?
⑤異物(ナイロン等)を吐き出していないか?

この項目である程度個体が絞られてきます。

まず①
ご飯直後の嘔吐はつくしとこじろうが圧倒的に多い
こじろうに至っては、ご飯が細長く出てくるので比較的わかりやすい。
そしてご飯直後なので目視で確認できる。

②の判別は未消化のご飯より水が多いこと
この吐き方は圧倒的によもぎに多い。
高いところにわざわざ上って上からぱしゃーっとやってくれるので
広範囲に広がり片づけるのが一番大変。

③の場合、これは普段の生活で猫がリラックスしている場所によって判別。
トイレで吐いてる場合は最近便秘をしている子を疑う。

④は完全に消化された状態の嘔吐なので
前回のご飯をあまり食べなかった子や
消化系の弱いシマが疑われる。

⑤はナイロン系を食べてしまうつくしに多い。


嘔吐に関してはその時その時の状態によって
病院にすぐ連れて行くか
しばらく様子を見るか対応がわかれます。



あと多頭飼いでこれは困るなぁと思うときは
さっきの便秘もそうだけど下痢をしてる子がわからないこと。

これも嘔吐と一緒でトイレに入ってなにをしてるか見とかないと
誰がしたウンチかオシッコかがわからない。

グッタリして元気がないとか
全然ご飯を欲しがらないとか

わかりやすく具合悪いんだあーってアピールしてくれたらいいけど
下痢をしているのにケロッとしてたり、ご飯残さなかったり

誰がしているかわからないっていうのは
本当に怖いことですよね。

下痢もオシッコも嘔吐も
吐しゃ物はみな、健康のバロメーターですから。
早期発見、早期治療、早期解決でずっと健康でいてもらいたいものです。


でも、ずっと猫たちについてるわけにはいかないし
多頭飼いは本当に難しいなぁって思う今日この頃でしたw

0B0C8739-9F63-4D64-9974-673240470369.jpg
仲良しのつくとむちゃ



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
凶暴猫は診察お断り
2017年04月27日 (木) | 編集 |
ハヤがネックリージョン(歯頚部吸収病巣または破歯細胞性吸収病巣)と診断されてから3年8か月
慢性腎不全と診断されてから1年2ヶ月になります。

今でこそハヤは4、5日置きの通院が可能になりましたが
若い頃はそれはもう飼い主泣かせの凶暴猫でした。
FullSizeRender (10)
(仔猫でまだ大人しかった頃のハヤ)

ワクチンに連れて行った病院で診察台に乗るや否や
目を見開き、毛を逆立て壁を蹴り宙を跳ぶ野良猫に変身。

ウゥーから始まりシャーとなってバッァ!っという
威嚇音を発しながらまた壁を蹴り宙を跳ぶ。

挙句、飼い主である、ちまきの指を思いっきり噛み
流血事件を起こしたのです。

IMG_0305.jpg

当然ハヤはブラックリスト入りし
その病院の診察室に2度と入れませんでした。 (いわゆる門前払い)

現在、ハヤは別の病院に通院しています。
凶暴猫を診察してくださった獣医師さんとの出会いはまたのちほど書くとして。。

現在の獣医師さんと出会うまでハヤは普通の口内炎
(のちにネックリージョンと診断される)と思い込んでいました。

でも病院では診察をしてもらえない。

じゃーどうすればいいのか。
どうにかハヤの状態を良くしてあげたいと思いちまきはあらゆるサプリに手を出しました。

◎ラクトパワー

ニュージーランド産の新鮮な牛の初乳だけで作られている。犬猫の口内炎や免疫力をあげたい時に使われる。動物病院でも取り扱われている。




◎サンタプロン

ペット用高濃度プロポリス。免疫力の強化、食欲増進などに期待できる。




◎きえーる

ペット消臭剤だが飲料水としての基準もクリアしているため口内炎や口臭予防に使用されている飼い主さん多数




◎ユッカインテンシブ

天然のステロイド。痛みや炎症に効果が期待される。




◎デンタルバイオ

動物病院取り扱い品。口臭などに効果が期待できるがサプリメントなので長期間の服用が必要




◎サンクロン

人間用の医薬品だが猫の口内炎に多く使われている。食欲不振にも効果が期待できる。





◎リーバスリー

歯石、歯垢予防。使用前後30分の飲食禁止。動物病院取り扱い品。歯肉に炎症がある場合に使用はさけたほうがいい。




◎オーラティーンデンタルジェル

動物病院取り扱い品。歯茎に塗るか無理な場合舐めさせるだけでも同等の効果がある。




◎セラプトfm

口内炎や歯肉炎に効果が期待される。




◎ペッツライフオーラルケアジェル

歯石予防。使い続けると歯石が無くなる。




◎マヌカハニー 

◎バイオデンタ リキッド

◎ビタミンC

◎マルチミネラル ビタミン


などなど。

全て口内炎や免疫力アップが期待される、サプリやお薬です。

現在、上にあげた商品の中で痛みが激しく出ているハヤが使っている物は残念ながらありませんが
リーバスリーとかは使用し続けると頑固な歯石も柔らかくなり
それなりに効果があるそうです。
ただ、痛みがない子に限られますが・・・。

普段から主食が缶詰やパウチの子には予防としてお勧めです。


次回、長期間使用していた物や使用する時には注意が必要と感じた物があったので
それについて書きたいと思います。


FullSizeRender (9)



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
できるよぉ~
2017年04月26日 (水) | 編集 |

もちが廊下を歩いていると
颯爽とやってきたのはこのお方たち。


IMG_1611.jpg

・・・アンタたち、すごいとこ乗ってるね。

みなさんのところのにゃんずたちは手すりに乗りますか?

我が家のにゃんずで手すりに乗れるのはなんと10匹中2匹だけ。
その2匹というのはつくしよもぎの兄妹にゃん。

IMG_1612.jpg


他の8匹はまったく乗ろうともしないし無理やり乗せてみても
だらーんとして(やる気0)乗ってくれません。

猫って高いところから落ちても
にゃんぱらりんとかするイメージですけど
割とね、ドサッと落ちるのをよく見ます。

こじろうとかはドサッのほうです。
じゃらしで遊ぶ時、ジャンプをしても床から足が離れてません(本人は必死に飛んでるつもり)

これってなんなんでしょうね。
運動神経・・・とか?


IMG_1583.jpg

つくしとよもぎは軽くぴょんっと乗ってスタスタ歩いてちょっと得意げですw

他の子たちはできないんだよ?
すごいね、君たちは。

IMG_1584.jpg

でも調子に乗って落ちてケガとかしないでね。



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
ニューフェイス!
2017年04月25日 (火) | 編集 |
さて、新たに我が家の家族となったニューフェイスたち。

3年と4ケ月の間に仲間入りをしたのは
ちょび、むさし、こじろうの3匹(なんだかダンディで強そうw)

FullSizeRender (8)


この子たちはみな、お外猫、黒ちゃん(現在は避妊済み)の子供たちです。

ではでは早速、順に紹介していきましょう。

まず、ちょび
FullSizeRender (6)

男の子らしい骨格で体はどの子よりも大きいのにものすごく気が弱い。
他の猫たちが大好きで自ら頭を寄せていくもウザがられてパンチをくらう。
よもぎとすみれだけはたまーに舐めてあげることもある。
夜な夜なさすけと兄弟のむさしにマウント行為をされ抗議の声を上げている。
猫順位は最下位だとおもわれ・・・。
人間が怖く大嫌いで触ることもできない完全な室内ノラ。

むさし
FullSizeRender (7)

ちょびの兄弟。
保護をするまでの間にじゃらしで遊ぶほど人間慣れが早かった子。
体は大きいがどういうわけか女の子のような柔らかい体つき。
猫順位は割と上位な気が・・・。
現在、特発性膀胱炎で治療中。

こじろう
FullSizeRender (3)

野良猫黒ちゃんの最後の子(出産後避妊手術済み)ちょびとむさしの半年後に生まれた。
食い意地がはっていていつもさすけのご飯を狙っている。
取っ組み合いをしてくれるのはよもぎだけ。
基本、一匹オオカミ。
つくしにものすごく嫌われていて近づくだけでぎゃーっと悲鳴をあげられる→
その声にビックリする→
同じ方向に逃げる→
追いかけられたと思ったつくしがまた悲鳴を上げる→
それにまたビックリする・・・・(エンドレス)


白と黒率がひじょーに高い3猫ですが先住猫たちと馴染むのはすごく早かったように思います。
多頭飼い故のストレスはあるでしょうが適度な距離で互いの関係を維持しているようです。



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
7から10に
2017年04月24日 (月) | 編集 |
さてさて
久しぶりのブログです。

久しぶりすぎてIDもパスワードもすっかり忘れてしまって
なかなかログインできず。

前回の記事が2014年なので3年4ヶ月ぶり。
その間、色んなことがありました。

まず7匹だった我が家のにゃんずたちは顔ぶれ変わることなく(飼い主同様、年相応の悩みを抱えつつ)平和に暮らしています。

それプラス、我が家に居ついているノラ猫が子猫を産み
その兄弟猫2匹と年子で産まれた1匹、計3匹増え
今現在10匹のにゃんずたちと生活しておりますw

いや〜、多頭飼いって大変!って思うこと多々。

まず最年長のハヤ。
口内炎を患って治療中だったんですがあまりの食欲不振をちまきが心配し
詳しく調べてもらったところ慢性腎不全を患っていることが判明。
現在、5日に1回のペースで点滴に通う日々です。

そしてシマ。
原因不明の嘔吐に悩まされデブ猫がトレードマークだったのが今ではすっかりスレンダーに。

そして、すみれ。
ノラ猫時代があったからか粗相をすることがあり尿検査をしたところ出血有り。
その後の定期的な検査の結果、特発性膀胱炎と診断される。

そして、つくし。
原因不明の頻尿から始まり、血尿、ストルバイト結晶と泌尿器疾患持ち。
血尿やストルバイト結晶の投薬治療では嘔吐し
療養食治療では下痢をし
なかなかの獣医師泣かせ。

そして、よもぎ。
定期的なオシッコの検査で出血があり、エコー検査の結果、腎結石を患っていることが判明。
現在、フードで治療中。

このすみれ親子、獣医師曰く、泌尿器疾患は遺伝的なものかもしれない、と。


そして、さすけ。
ストルバイト結晶から膀胱炎を患い現在はサプリでコントロールし再発なし。

カイは特に病気もせず‥‥相変わらずおっさんです(笑)

と、いう感じでなかなか病院通いから抜け出すことができない日々を送っておりますが基本みんな元気です。

次回、新たに我が家のにゃんずに加わったニューフェイスたちをご紹介したいと思います。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村