2019年総括&良いお年を~!
2019年12月29日 (日) | 編集 |
今年最後の更新になります。

なんとか2019年も無事に10にゃんで終わり
2020年を10にゃんで迎えることが出来そうです!


しかし・・・今年も色々ありました(;^ω^)
ちょっと思い返してみましょう・・・。

2019年、年明けすぐ
コニャツの異変から始まりました。

D9152E74-2B43-4E66-8C99-72F6A67B4A38.jpg
@むさし

年明けすぐに食欲不振で通院。
エコー検査の結果尿管の拡張が見られ腎結石が尿管に詰まったであろうと・・・。
自宅輸液でなんとか押し流せ、今では拡張もなく腎数値も落ち着いています。
とは言ってもこれで2度の閉塞。
普通の子に比べて腎臓が弱ってしまうのは早いと思われ・・・。
今後のモニタリングは必須です。


2月はコニャツ

IMG-9205.jpg
@ちょび

家庭内ノラで通院が難しいんだけど頑張って初めて受けた健康診断で
まさかの片側の腎臓が機能していないことが発覚。
頑張ってくれているもう片方にも石があり
これが尿管に詰まるとすぐSUBの手術ねって言われているほど
いつも、どんな時にも注意が必要な状態に・・・。

ショックなことが続く中
3月はコニャツ

IMG-9334.jpg
@こじろう

腹部一点集中型の謎の舐めハゲを作り
ご飯イヤイヤ期に突入し
ずっと肝臓の数値が高い。
自己主張のじょんじょろりんは相変わらずだけど
チッコテロ撲滅運動が毎日開催されているので
減少傾向に・・・あるんだろうか(;^ω^)


4月にはコニャツ

IMG-9400.jpg
@さすけ

お腹の舐めハゲに真剣に向き合わなければいけないほどの状態に・・・。
保護服、エリカラー(ソフト、ハード、カップ麺)に撃沈し
リラックスさせる音楽をながし
フェリウェイ、ジルケーン、GABA、バレリアン、スカルキャップを与え
あーにゃんさんのお店で購入したスタイを着用し
色々試してみたけれど、どんどん酷くなっていくので
内臓改革のため膀胱モロモロのケア(ウロアクト、クランベリー液)も併用し
現在・・・ドーナツを慣らし中(;^ω^)

11月の健康診断では脾臓に腫瘤を見つけ
(もしかしてそれも舐めハゲと関係あるんだろうか・・・?
痛いのかな?それで気にして舐めてる・・・とか?)
来年2月に再検査。

5月はコニャツ

IMG-9419.jpg
@シマ

急に足が痛くなり全く動けない状態に。
パテラもあったんだけど
シマの場合は歳による関節の変形が進み
それが進行している時に動けなくなるぐらいの痛みが出た模様。

痛くて動けないためフラットトイレをリビングに設置したり
効果があるかどうかわからないけれどお灸を始めてみたり・・・。

今は全く痛みがないのか絶好調!
でもまた変形が進むときに痛みが出るだろうと言われています。

6月・・・
7月・・・
8月・・・
9月・・・
10月・・・

飼い主はメンタルやられっぱなしでブログをサボる(;^ω^)

IMG-7586.jpg
釣りに行き(今年1回しか行けなかった(T_T))

5D67721B-BECC-4AA2-AA74-17E95A32E9A9.jpg
足湯つかりに行き(2回行ったw)

IMG-8129.jpg
ゲームをし(もちのみw)

IMG-8861.jpg
山登った(1回しか行けなかったー(ノД`)・゜・。)


そんな感じで気分転換をしつつ

11月にはコニャツたち

IMG-9163.jpg
@すみれ

激おこで今年もワクチンのみ(;´Д`)
ただただ健康でいてほしいと祈るのみだわ・・・。

その血を継いでるコニャツ

IMG-9068.jpg
@よもぎ

病院で大暴れ(;´Д`)
なんとか血液検査とエコーは出来たけど
顔周り(耳、口)の診察は出来ず・・・。

とかやってる間にコニャツが入院

original (1)
@つくし

胃腸炎…なめてた。
きっと2、3日すれば良くなるだろうと思ってた。
よく下痢する子だし・・・って。
いきみすぎての嘔吐は老齢猫ではよくあるし(つくは老齢ではないけれど)
下痢嘔吐っていうのを軽く見てた。

あの時、すぐに絶食すればよかった。
常備しているビオイムバスターを続けてればよかった。

もっともっとしっかり徹底してやっていればって思うことばかり。

つくがわたしたちに教えてくれたこと、だね。


そんな中
2019年の優等生はコニャツ

IMG-9381.jpg
@カイ

一時期、つくと同じでお腹壊しちゃったけど(;^ω^)
この子は比較的・・・なーんもない子w
本当に優等生( *´艸`)
なので、特にコメントもなし!(オイ)


そしてそして2019年頑張ったで賞はコニャツ

IMG-9156.jpg
@ハヤ

やっぱり…この子だよね。
どの子もサプリやお薬や通院だって嫌なことされたり
ストレスたまる生活なわけだけど
やっぱりこの子が一番頑張ってるよ。

それはもう誰が何と言おうとダントツだわ。

転院してから自宅輸液になったけど
最初は2人がかりでネットに入れてしていた輸液も
いまではもうされるがまま。

ちまきが上手になったって言うのはもちろんあるけれど
そんなことでいちいち怒るのもしんどかったりするのかな・・・。

最初嫌がってたこんにゃく湿布もちまきの改良で

C75F2F7F-1C11-4C03-8F4B-A92798C4C3DE.jpg

今ではご機嫌さん(*´▽`*)

便秘になると一気に体調を崩して
なかなか持ち直さなかったり
トイレの粗相がちょっとずつ増えてきたり
食べない日が続くと療法食なんてお構いなしに食べるものをあげたりして・・・。

きっとそうやってちょこっとした変化を日々感じ
それでも一日一日を過ごしていくんだと思う。

ずっと、そうやって続いていくんだと思う。

そしてこんな感じで19歳を迎えてくれてると、わたしは信じてる。


2019年
こんなわたしたちにお付き合いくださりありがとうございました!

2019年は大好きだったにゃんことのお別れがあったり・・・
突然駆け足でお空に行ってしまった子もいたり・・・
寂しいことも多かったけれど
ブロ友さんともお会いする機会があり
遠いところのお友達も増えw
ステキな作品もたくさん手にすることができw
本当にいい出会いの年になりました。

2020年はどんな年になるかな~(*´▽`*)
いい年になるといいな~。


どうぞみなさま、ステキな年をお迎えくださいね!


2020年も10にゃん+もち&ちまきを
どうぞよろしくお願いします!




ブログはサボりがちですがインスタの方で簡単更新しています。
良かったら見に来てください!



スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
ハヤ、年内最後の血液検査
2019年12月24日 (火) | 編集 |
先週水曜日、ハヤ、病院行ってきました。

IMG-7384_201912241903343ac.jpg


前回から約1ヶ月ぶりの検査

IMG-7446.jpg


血糖値 127→150 (↑)
BUN 38.543.5 (↑)
Cre 4.333.82 (↓)
リン 5.2→4.8 (↓)

BUNは上がってしまったけど、じわじわと上がり続けてたCreが今回下がってました!!

先生もカリナール2が良い働きをしてくれてるのかもって(*´∇`*)

前回、リンが高くなっていて、次買うならカリナールコンボを!と言われていたけど

数値が下がっていたので調子も安定してるしこのままカリナール2を続けることになりました。

IMG-7447.jpg

尿検査では前回まで出てた潜血が止まり尿糖もマイナス

けど、血液検査では血糖値が基準値オーバー

この数値ならまだ気にしなくて大丈夫との事でした。

引き続き自宅で試験紙を使いながら様子を見ていきたいと思います。


診察室に入ってすぐに『調子も良いし今日で年内最後にします!!』

と、先生や看護師さんにも宣言したけど

もし食べなくなるようなら年内もう一回ね。と先生(*⁰▿⁰*)

けど、診察室を出る時には『良いお年を』と言って下さいました(*´∇`*)


このままいけば、新しい年をまた10にゃんと迎えることが出来そうです(*´ω`*)


IMG-7472.jpg

皆さん、ステキなXmasを(*^-^*)





*拍手コメありがとうございます*

もうね、調べれば調べるほど怖いことしか書かれてないので
ほんとにガクブルの2週間を過ごしましたよ・・・。
気持ち的に、出来るだけ体力のある若いうちに手術をした方がいいのかも…と思ったりするんだけど
もしかして消えてなくなってくれるかもという気持ちも捨てきれず。
いや、でも…早い方が・・・とグルグルしているのです。
どっちにしろ来年2月の再検査でどうなってるのか・・・。
それにより大きく変わってくるような気がします。

乳酸菌のJINはずっとあげているのですが
死菌というではなく生菌に変えてみるか・・・?
それよりももっと別な、例えばスーパーオリマックス的なものをあげ始めるか…。

あぁ、でもやっぱり一番にストレス軽減を考えていかなければと思ったりしています。
というのも、お腹の舐めハゲが広がってるの(ノД`)・゜・。

黒い子、ほんとにかーさんを悩ますのが上手~(ノД`)・゜・。ウェーン






ブログはサボりがちですがインスタの方で簡単更新しています。
良かったら見に来てください!
『猫 脾臓 腫瘤』とググる日々
2019年12月05日 (木) | 編集 |
インスタの方では少しお話しているので見てくださってる方はご存じかと思いますが・・・

10月に健康診断を受けた子の中で
再検査の子がいました。

それはコニャツ。

A089D2CF-16DE-46A4-81DA-3519399CD5E5.jpg

さすけ

さすけのスペック

常に膀胱内はモロモロ(砂ではない)で
(先生曰く、血尿、頻尿等の症状がないので無治療で様子見)
その影響なのか片側の腎盂に少し拡張が見られ
CRE2.4をたたき出してる
シモ系問題児、第1号。



まぁね
膀胱モロモロは一向に良くならないし
Creは急性の上がり方ではなくジワジワ上がったり下がったりで
どちらかというと慢性的な上昇傾向で
腎臓の構造上の指摘は以前からされていたんで
今回の健康診断でもわたし的には
シモ系に関しては必ず引っかかってくるだろうとは思っていましたが・・・

まさか…という絶句状態でした。


というのも
さすけ・・・エコー検査でとんでもない場所にあってはいけないものを発見してしまったんです。

そのとんでもない場所は・・・脾臓

動物のことに詳しい方なら脾臓と聞くだけで
「え・・・もしかして・・・」と思ってしまうでしょうが・・・

先に言っておくならば、悪いものではないです・・・いまのところ。

今の病院の院長と
分院の院長である腫瘍科専門の先生に診ていただき
いまのところ悪性度は低いということでした。
その診断結果はまた後で書きますね。


さてさて
さすけの脾臓にあったもの

それは

脾臓腫瘤


ええ・・・ググりましたよー(ノД`)・゜・。

バカなわたしたちのことなので

『腫瘍と腫瘤の違い』

からググりましたもの!(;´Д`)


良くない”モノ”のイメージが強すぎるので
いい情報はないのかと必死で探しました(ノД`)・゜・。

でも、ぶっちゃけ、あまりなかったんです・・・。


脾臓について説明しますと

脾臓には3分の2ルールというものがあって
脾臓で見つけたしこりの3分の2は
腫瘍

その腫瘍の3分の2は
悪性腫瘍

その悪性腫瘍の3分の2は
血管肉腫

でもこのデータはアメリカのもので
日本では2分の1ルールだそうです。

まぁ、どんなものであったとしても
”モノ”が出来る場所としてはあまり良くない場所ではあります。

そして脾臓という臓器は
組織の一部を取って病理検査に出すということが難しい位置にあることや
摘出してしまっても問題がない臓器という事もあり
一般的に外科手術で脾臓を全摘し
その後、それが何だったのかというのを調べるという流れになります。

なので悪性か良性かは開腹して
脾臓を全摘しないとわかりません。
(先生曰く、脾臓は部分切除ではなくほぼ全摘になるそうです)


脾臓は沈黙の臓器と言われていて
腫瘍が大きくなり胃を圧迫し食欲不振、嘔吐での通院か
もしくは腫瘍が破裂して発見されることも少なくないとか。

悪性度が強いものが多いこともあり
発見された時点で転移も含め重篤な状態。


そんな怖い文章をガクブルしながら読み漁り
2週間後の再検査に挑みました。

IMG-6916.jpg


今の病院の院長からは
「僕が診る限り重篤な”モノ”には見えないので
特別症状がない限り3ヶ月後に再検査でもいいけれど
専門的な意見が聞きたいと仰るならば
腫瘍科の先生に一度診てもらって
先生の診断でMRIをするか
すぐに手術で取ってしまうか・・・
僕は手術をして取ってしまうというのもアリかなとは思います」



わたしも調べた結果、腫瘍科専門の先生が
「これはすぐに取りましょう」と仰るならば・・・・と覚悟はしていました。

脾臓にある”モノ”が2週間前と大きく違っているならば
手術は嫌だと言ってる場合ではありません。


2週間前のエコーの映像はしっかりと目に焼き付いています。

さすけの脾臓にあってはいけない”モノ”は
たった2週間で形が変わってしまっているのか・・・。

腫瘍科の先生に時間をかけてしっかりと診ていただきました。


エコー検査の結果は健康診断の時と同じ。

IMG-6922.jpg
なにをされるのかとドキドキのさすけ


さすけの脾臓には腫瘤が2つ。

大きい方で1.7ミリ。

2週間前と変わらず
脾臓の中に石が落ちているような映像でした。

エコー検査で腎結石や、膀胱結石を見られたことがある方ならわかると思いますが
本当にあんな感じで
長細い脾臓にコロっと石があるように
さすけの腫瘤は”白いモノ”でした。

そして先生の診断も
「映像を見る限りミネラルか何かが変化して石灰化しているような感じ。
脾臓に出来る悪い”モノ”は元々血を集める場所である脾臓に
さらに血を栄養とする悪い”モノ”が出来ることで
もっと歪なグレーな感じに映るけど
さすけくんの”モノ”は白く飛んでいるので
これに血が通っているとは考えにくく
悪い”モノ”の可能性は今のところ限りなく低いと思います。
ただCreや腎盂の拡張を見る限り
麻酔のリスクを考え10歳前後までに手術の検討をされた方がいいかもしれません。
今後は2,3ヶ月に1回はエコー検査でのモニタリングと
血液検査で腎数値を診て行き
その時々で考えていきましょう」


その診断結果に、ホッとしました(;´Д`)

IMG-6924.jpg
怖かったけど頑張ったさすけ


ただ、先生曰く

「ハッキリとした形にはなっていないけれど
もしかしたら今後これがまた同じような”モノ”になる可能性のある影(白いモロモロしたもの)があるので
大きくなっていなくても急速に数が増える場合は
早めに取ってしまった方がいいかもしれません。
あと、やっぱり手術になるので麻酔のリスクを考え
腎数値が高くなってくるならば
増えていなくても早めに取ってしまった方がいいかもしれません」



昨年にはなかった、さすけの脾臓腫瘤。

血液が通ってない”モノ”であることから
早急な手術は必要ないけれど
今後、さすけのにゃん生において言うならば
間違いなく、手術をする日が来ると思います。

さすけは今年7歳になりました。
何事もなく10歳を迎えるとしても
手術をするまで3年しかない。


脾臓は免疫力を司る臓器でもあります。

手術するまでの間にしっかり勉強して
脾臓がなくても大丈夫な体を作っていってあげないと・・・。


original.jpg


でも、願わくば
3年の間で…腫瘤、消えてなくなって欲しい。

手術をするなんて・・・
入院をさせるなんて・・・
一人にさせるなんて・・・

痛いだろうな・・・
怖いだろうな・・・


ごめんよー・゚・(つД`)・゚・ウェーン





新しいサプリ始めました!の記事に拍手コメントありがとうございました!

ハヤ、本当は今週通院予定だったんですが
嬉しい事にものすごく状態が安定してるんです!!
だからって数値が良くなってかも?とは全く思わないけど(たまに尿糖出てるし)
ご機嫌で過ごせてるのが一番だし、何より嬉しい(*´ω`*)
前回通院後に体調を崩してしまったので今回は無理せずお薬だけ貰って来ようと思います。
次の通院は2週間後。
尿検査、血液検査をしてもらって年内最後の通院になればいいなぁ。
カリナール2を始めてから少しだけど便秘も良くなってきました。
それでもたまにいきんだ後に嘔吐があります。
前回の検査でリンの数値が少し高くなってきていたので次に買うときはカリナールコンボで!
と先生に言われたけど、次の検査結果を見てからもう一度先生と相談したいと思います。

カリナールシリーズ使ってる方がチラホラ(*´Д`*)
みんにゃに効果がありますように!

我が家も10にゃんと一緒に新しい年を迎えるぞー!




ブログはサボりがちですがインスタの方で簡単更新しています。
良かったら見に来てください!
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット