凶暴猫は診察お断り
2017年04月27日 (木) | 編集 |
ハヤがネックリージョン(歯頚部吸収病巣または破歯細胞性吸収病巣)と診断されてから3年8か月
慢性腎不全と診断されてから1年2ヶ月になります。

今でこそハヤは4、5日置きの通院が可能になりましたが
若い頃はそれはもう飼い主泣かせの凶暴猫でした。
FullSizeRender (10)
(仔猫でまだ大人しかった頃のハヤ)

ワクチンに連れて行った病院で診察台に乗るや否や
目を見開き、毛を逆立て壁を蹴り宙を跳ぶ野良猫に変身。

ウゥーから始まりシャーとなってバッァ!っという
威嚇音を発しながらまた壁を蹴り宙を跳ぶ。

挙句、飼い主である、ちまきの指を思いっきり噛み
流血事件を起こしたのです。

IMG_0305.jpg

当然ハヤはブラックリスト入りし
その病院の診察室に2度と入れませんでした。 (いわゆる門前払い)

現在、ハヤは別の病院に通院しています。
凶暴猫を診察してくださった獣医師さんとの出会いはまたのちほど書くとして。。

現在の獣医師さんと出会うまでハヤは普通の口内炎
(のちにネックリージョンと診断される)と思い込んでいました。

でも病院では診察をしてもらえない。

じゃーどうすればいいのか。
どうにかハヤの状態を良くしてあげたいと思いちまきはあらゆるサプリに手を出しました。

◎ラクトパワー

ニュージーランド産の新鮮な牛の初乳だけで作られている。犬猫の口内炎や免疫力をあげたい時に使われる。動物病院でも取り扱われている。




◎サンタプロン

ペット用高濃度プロポリス。免疫力の強化、食欲増進などに期待できる。




◎きえーる

ペット消臭剤だが飲料水としての基準もクリアしているため口内炎や口臭予防に使用されている飼い主さん多数




◎ユッカインテンシブ

天然のステロイド。痛みや炎症に効果が期待される。




◎デンタルバイオ

動物病院取り扱い品。口臭などに効果が期待できるがサプリメントなので長期間の服用が必要




◎サンクロン

人間用の医薬品だが猫の口内炎に多く使われている。食欲不振にも効果が期待できる。





◎リーバスリー

歯石、歯垢予防。使用前後30分の飲食禁止。動物病院取り扱い品。歯肉に炎症がある場合に使用はさけたほうがいい。




◎オーラティーンデンタルジェル

動物病院取り扱い品。歯茎に塗るか無理な場合舐めさせるだけでも同等の効果がある。




◎セラプトfm

口内炎や歯肉炎に効果が期待される。




◎ペッツライフオーラルケアジェル

歯石予防。使い続けると歯石が無くなる。




◎マヌカハニー 

◎バイオデンタ リキッド

◎ビタミンC

◎マルチミネラル ビタミン


などなど。

全て口内炎や免疫力アップが期待される、サプリやお薬です。

現在、上にあげた商品の中で痛みが激しく出ているハヤが使っている物は残念ながらありませんが
リーバスリーとかは使用し続けると頑固な歯石も柔らかくなり
それなりに効果があるそうです。
ただ、痛みがない子に限られますが・・・。

普段から主食が缶詰やパウチの子には予防としてお勧めです。


次回、長期間使用していた物や使用する時には注意が必要と感じた物があったので
それについて書きたいと思います。


FullSizeRender (9)



ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
その猫凶暴につき
ご無沙汰です。といっても一日ぶりですが…
猫も人間も年をとるとカドが落ちていくということなんでしょうね。
かわいい妹達に正座を命じていたあの頃が懐かしいです。わたしも随分丸くなりました。ココロも体もv-16
口内炎。痛いですよね~。わたしも頻繁にできるタチで苦労しています。猫にとって、口内炎はどの程度の痛みなんでしょうか。ふと疑問に思いました。v-42
2017/04/27(Thu) 21:51 | URL  | oよnekoぶぅ #-[ 編集]
Re: その猫凶暴につき
oよnekoぶぅ様
いつもコメントありがとうございますv-353
励みになりますv-283
わたしは口内炎はあまり出来ないほうなのですが、ハヤの場合は涎が出てご飯も食べれなくなります。
口内炎にはビタミンを摂取すると良いと聞きますが過剰摂取にはご注意下さい。
またお時間があればのぞきにきてくださいね!
2017/04/27(Thu) 22:29 | URL  | もち(姉)&ちまき(妹) #s.Y3apRk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可