シニア猫との生活
2017年12月09日 (土) | 編集 |
みなさんはパテラっていう病名をご存じ?

もしかしてワンちゃん飼われたことがある方とかはご存知かもしれませんが
猫飼いの方はあまり聞いたことがない方多いと思います。

パテラは小型犬になりやすいと言われている
膝蓋骨脱臼のことです。

要は膝のお皿の部分がグラグラの状態でちょっとしたことで脱臼してしまう病気です。

先天性も後天性もどちらもあり
酷ければ手術をしなければいけない病気ですが
軽度なら安静で維持できるものでもあります。


さて、このパテラ。
猫にはあまりないと言われている病気ですが
うちのシマがパテラだと診断されています。

A4D6914C-2A36-4967-B727-119011E51CFD (1)

たまーに足を引きずることがあり
定期的に体重測定にいくので相談してみたところ
膝のお皿の部分がグラグラだという事がわかりました。

先生曰く、うちの病院で猫のパテラは初めてです、と言われました。

それぐらい猫に出るのは稀な病気のようです。


なぜパテラになってしまったのかはわかりません。
でもおそらく遊んでいて高さのある所から落ちた衝撃で外れてしまった。
それがクセになってしまったのかなと思います。

シマに対しての治療方法は安静です。
高いところも降りる時に負担がかかるのでダメ。

258D1B60-F51F-4C7B-89E2-F3AA9CD9384D.jpg

でも、にゃんこに安静というのは難しいですよね。


最近特に思うこと。

シマももうシニア。
シニアになると色んな事が出来なくなってくるし
出来たとしてもしんどくなってくる。

すでに、階段上って降りる時にも一段一段降りているし
ヒーターの上に乗り損ねてひっくり返っちゃうし。

明らかに足腰が弱ってきてるな、という出来事が増えてきました。


先代猫のもきちは17歳というニャン生を全うしてくれたのですが
もきちが脳の障害が出始める前
まだ自力で歩けていた時

階段上がってくる途中にシマと出くわし
片手をあげて手を出そうとしたときに
バランス崩して階段半分ぐらいのところから転げ落ちたんです。

足腰が弱ってくると踏ん張りがきかなくなり
若い時だったら爪を立てて傾く体を止められた
もしくはしがみつけた状況でも
そのままなす術もなく落ちていってしまう。


それからは階段下にゲートつけて自分では上がれないようにして
(もともと保護をした時には後肢に骨折がありそれがすでに変な状態でくっついちゃっていたのでジャンプができない体でした)
上に連れて上がるときはわたしが抱いて
下に降りたいときはわたしが抱いて下ろして。
(*もきちの話です)

シマはまだまだそんな必要ないって思ってたけど
パテラの影響かハヤより足腰が弱ってきた気がします。

シニアにゃんとの生活の為に
また階段下にゲートしないといけないな、とか
色んな所にジャンプしなくても登れるように台を置いたり
降りる時に負担にならないようにしなきゃなと考えています。

IMG-5656_20171209111443f28.jpg

にゃんこの行動を制限するのは難しいです。

だから少しでも安全に生活できるように
出来ることからやっていこうと思います。





ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw


スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
パテラ、小型犬ではよく出る症状だと知っていましたが、まさか猫にまでとは初めて聞きました。
高いところから飛び降りたり、ジャンプしたりするのはいわば猫のお仕事。それを制止するのは至難の技ですよ。
たまたま運悪く、お皿を痛めてしまったシマちゃん、本当にお気の毒です。誰が悪いわけでもない、つらい現実ですね。

私はまだシニア猫さんとの生活は経験がないので、なんともわかりませんが実家ではミニチュアシュナウザーを老衰で亡くした経験があります。17歳まで全うしてくれて、本当に良い子でした。でも最期は立つことも歩くこともできず、前足で踏ん張ろうとするけど、それすらできずに顔を打ってしまったり、見ているのが辛い毎日でした。
命を全うするということ、それほどにも大変で尊いものなんだと教えてもらいました。
シマちゃん、シニアといってもまだ若い部類ですし、お顔を見てる限りではとても健康そうに見えます。若々しいし。
これから、少しずつケアが必要になったり目を離せないことも多くなるかもしれませんが、いつかやってくる日のために、私たちに心の準備をさせてくれているのかなと感じています。
シマちゃんはせっかちさんなのかな?まだまだ、その準備をするのは早いっていうのに、ちょっとずつ時間をかけて知らせてくれてるのかな。
それにしっかり応えてくれる、もちさんとちまきさんのことをよくわかっているから、これからまだまだ続く生活のためにシマちゃんは早めに知らせてくれてるんだね。
お利口ちゃんだね!

お家の中、色々手を入れるのは大変かもしれませんが、どうぞ素敵に改造計画が進みますように!
2017/12/10(Sun) 10:52 | URL  | Anne ママ #-[ 編集]
そうなのですか。
つらいですね。
わんちゃんブログではお話聞きますが
猫ちゃんブログでは初めて見たような。
猫もなるのだとわかりました。
猫におとなしくといっても無理ですものね。
いろいろ工夫が必要になってきますね。
シマちゃんが少しでも楽しく過ごせますように。
2017/12/10(Sun) 14:16 | URL  | ジョニママ #-[ 編集]
こんにちは

パテラって、カタカナで書くと緊迫感が欠けちゃいますよね。
漢字で書けば膝蓋骨脱臼。
膝蓋骨がわからなくても脱臼がわかれば
痛そうだってことはわかるのに。
なんで脱臼なんてメジャーなワードも
イメージさっぱり?なパテラなんてカタカナにリライトするかな~ ww

それはさておき、シマちゃん大変じゃないですか。
痛みがあるなら、ある程度は自分で動きを控えるでしょうが、
それでもネコさんって痛いの無視しますよね。
膝への衝撃が大きい動きは避けてほしいだけなのに。
伝わらないんですよねぇ。
階段も、滑り止めを貼った長い板を置いて段差をなくしたら、
そっちの方が楽ならそっちを使ってくれないかな?
階段とんとんより坂道の方が衝撃は少ないかなぁと。
階段だけじゃないから、大変ですよね。
手を付けられるところから、地道に整えていく、ですかねぁ。

2017/12/10(Sun) 14:29 | URL  | shah-san #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Anneママ様

こんにちはー。

ホントにそうですよー。
にゃんこってジャンプで高いところにのぼっていけますもんね。
犬も出来る子もいるでしょうが猫ほど柔軟ではないのでね。

それをするなっていうのはなかなか難しいw
痛みが出ているから高いところに乗らないってこともないし
乗るより降りる時の方が怖いので
抱っこして降ろすようにしています。

シマもいままで軽くジャンプしていたところでも
何度も何度も確認して飛ぶぞ飛ぶぞって感じでなかなか飛ばないw

飛ぶことに躊躇しはじめたらその高さはもう無理だとなんかで読んだことがあります。

ミニチュアシュナウザーで17歳ってすごいですね~。
確か平均寿命はもう少し短かったはずなので
本当にワン生を全うしてくれたんだと思います。

うちのもきちもそうでした。
肩幅より広めに踏ん張るけどダメなんですよね。
階段降りる時は体重が前に行ってそれを前足で支えることができなくなるんですよね。
一段目二段目は何とか大丈夫なんだけど
3段目で疲れちゃって、前にでんぐり返りになってしまっていました。
2,3回、空中でキャッチしたことがあって
それからは抱いて降ろすようになりました。

家の中でどこが危ないのかっていうとやっぱり階段かなって思います。
他の場所は一応、階段みたいにして一段ずつ降りれるように踏み台を置いているのですが
それもシマにしたら最近は少し高いかな?と思う感じになってきました。

こじろうがワンジャンプで乗れるところを
シマは2,3段踏み台がいる感じです。

IBDの疑いがあるシマですが
まだまだ長生きしてもらわないと困るんでねw

どの子もそうですがもきちが17まで頑張ったので
下の子はそれ以上、記録を伸ばしていかないとw

ハヤが来年17ですからね( *´艸`)
再来年はもきち越えです。

シマはまだまだひよっこです( *´艸`)

長く生きるとどうしても病気との付き合いになってくるけれど
ケガをさせるってことが絶対ないように
これから少しずつでも段差をなくすように改造していこうと思いますw

階段はやっぱり上がれないようにバリケードになるでしょうが
若い子は軽く飛び越えられると思うんで頑張ってもらってw
というか、筋力アップにもなるでしょうし、ね!( *´艸`)

過ごしやすい場所を提供できるように頑張っていきますよ~。

ありがとうございました!

2017/12/10(Sun) 16:26 | URL  | もち(姉)&ちまき(妹) #s.Y3apRk[ 編集]
Re: タイトルなし
ジョニママ様

こんにちはー。

ずっとではなくたまーに降りた瞬間痛みが出たりするんでしょうね。
痛みからか座ることができなくなるみたいで
なんだか変な動きをしています。

にゃんこでパテラは珍しいと言われました。
でも全くいないという事ではないみたいです。

最近はヒーターの高さも危ないんですよ。
でも気が付いたら乗っているし(あったかいんでしょうねw)
乗ったら降りる時がさらに危険で。
その高さから降りるだけでもドテっと降りる感じになっているので
大分足の力がなくなっているんだなって思います。

だからってずっと見張って乗せないようにするのは難しいんですよね。
ヒーターの傍に踏み台を置くしか方法がないかなって思います。

段差を付けるだけで少しでも危険を減らせるなら
どんどん踏み台を置いていこうかな( *´艸`)

しなきゃいけないところはたくさんありますが
まずはシマの行動範囲から始めていこうと思います。

ありがとうございました!
2017/12/10(Sun) 16:35 | URL  | もち(姉)&ちまき(妹) #s.Y3apRk[ 編集]
Re: タイトルなし
shah-san様

こんにちはー。

もう~最初の件でちまきと二人で笑ってしまいましたよ( *´艸`)

確かに、なぜパテラなどという馴染みのない言葉になるんでしょうねw

人間でいうと捻挫を靭帯損傷という感じですかね( *´艸`)
捻挫ってなんか軽いイメージですけど
靭帯損傷ってすごい大きなケガってイメージ。

shah-sanさんの言う通り。
痛みがあるときはあまり動き回ったりはしませんが
だからと言って高いところに乗らないという事もないんです。

見ていると無駄な動きは極力しないけれど
興味があるものに対しては痛みがあっても行ってしまう、という感じですね。

家の中で一番危険なのは階段の降りです。
上がるのは軽快に上がっていきますけどw
降りるのは体重が前足にかかってしまうので
それを支える筋力が相当弱くなっている印象です。

一応、階段には滑り止めを敷いてるんです。

これは先代猫、もきちの為にしたものですが
滑り止めしてから年に2回は階段から滑り落ちていたちまきが
一度も落ちていません( *´艸`)

人にも効果がある滑り止めマット( *´艸`)

うちの階段、急なんですよ。
なのでスロープのようにしても前足に体重がかかって落ちるように降りていってしまうと思います。

やっぱり一番安全なのは階段を一人で上がらせない。
二階に連れてきても一人で降ろさない。

それが一番確実なような気がします。

そうなるとやはりバリケードなんですよね。
でもそれをすると生活の拠点が一階だけになってしまう。
一階だけで満足してくれるかどうか、ですけど…。

少しずつですが踏み台も増やし
極力足に負担にならないようにしようと思っています。

ありがとうございました!
2017/12/10(Sun) 16:55 | URL  | もち(姉)&ちまき(妹) #s.Y3apRk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可