微妙な検証と新たな問題
2017年05月04日 (木) | 編集 |
ねこのきもちの付録
その名も『オシッコチェッカー』

先日検査に出していた結果が返ってきました。

それがこれ
IMG_2056.jpg

ph6.5

・・・なにこれ・・・びみょー

これ、ちょっと一回やったぐらいじゃわからないですねw
採ってから12時間以上空いてたわけですし。

それよりも、なによりも・・・気になる文字が・・・

8405302D-781F-473E-9F74-F8F6A5D9FA32.jpg

しゅ、シュウ酸  Σ(゚д゚|||)

・・・うっそーん。


これはかなりショック。

なぜ・・・なぜうちの子はこんなにも

・・・結晶がでるんだー・゚・(つД`)・゚・

以前、ハヤの記事でシュウ酸についてお話ししましたが
『猫にビタミン』

すみれちゃんが患っているのは特発性膀胱炎です。

これは通常の膀胱炎の原因である結晶や結石がないにもかかわらず
血尿やそれ以外の膀胱炎の症状が出て
エコー検査の結果、膀胱、腎臓に異常が認められないときに初めて診断される病名です。

しかしながらすみれちゃんの場合
今回のようにシュウ酸やストルバイトが出ることが多々あります。

原因としてまず一番考えられるのがご飯です。

特発性膀胱炎の療法食、ヒルズの『c/d マルチケアコンフォート』

【ヒルズ】猫用:c/dマルチケア コンフォート 500g




普通のc/dとは違い特発性膀胱炎を対象とした療法食です。

すみれちゃんはこれを食べてくれません。

なのでそれ以外の療法食であるドクターズケアの『ストルバイトケア』をあげています

ドクターズケア 猫用 療法食 ストルバイトケア ライト フィッシュテイスト 500g




これは名前の通りストルバイトをケアする療法食なので
今回出たシュウ酸とは真逆のご飯になります。

先生曰く、この辺のバランスが非常に難しい。
ストルバイトケア商品はphを酸性にする働きがある。
だから個体によって中性で留まらず酸性に傾きすぎて酸性になり
今回のようにシュウ酸が出てしまう、と。

これはサプリでも同じです。

ストルバイトケアのサプリはネットでも売っています。
でもあげていくうちに酸性に傾きすぎて知らぬ間にシュウ酸が出ていることがある。

なので、この手の療法食やサプリは
獣医師の指示のもと、常に検査をしながらになるんです。


今回すみれちゃんのphは6.5と
数字上で見る限りはちょうど真ん中の中性になるんだけど
なぜ出てしまうのかはわかりません。

ただ、すみれちゃんを筆頭に子供のつくしとよもぎも
泌尿器疾患もち。

ひょっとしたら遺伝的な何かがあるのかもしれないね、と
以前先生には言われていたので
この親子に関しては常に注意深く観察するようにしています。

今回また出てしまったものは仕方がない。

結石にならないうちに
どんどん水を飲ませて今ある結晶を洗い流し
療法食で新しく作らせない。

一週間ぐらいを目安に
ストルバイトケアから
つくよもが食べているロイヤルカナンの『phコントロール0』に変えていきます。

[療法食]ロイヤルカナン 猫用 pHコントロール0 500g




そしてまた一ケ月後、オシッコ検査です。

今度の検査では結晶の数が少なく

・・・欲を言うならば消えていますように。




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可