慢性腎不全の初期症状
2017年05月20日 (土) | 編集 |
ハヤは慢性腎不全と診断されるまで
歯頚部吸収病巣の治療で長期型のステロイドを使っていたと書きました
(ステロイドも使いよう)

ステロイドには副作用の心配があり
その症状として糖尿病があります。

その他の副作用の症状は

・食欲が増す
・お水をよく飲む
・おしっこの量が増える
・皮膚が薄くなる
・胃や十二指腸に潰瘍ができる
などがあります。
(ハヤの場合もステロイドを与える時は必ず胃薬も与えています。)
 
ハヤも例外ではなく
・食欲増進
・多飲多尿
の副作用がみられました。

FullSizeRender (70)


腎不全の初期症状でも多飲多尿がありますが
ステロイドの副作用の物とは少し違っていたように思います。



いつも月初めに打っていた長期型のステロイド。
打った3日後には効いてきて食欲が出てくるはずなのに
一向に食欲がでてきません。

もしかしてステロイドが効かなくなってきたのかな?

だって、ハヤは通常打つ量の半分しか注射していなくて
それも段々効かなくなってくることを先生に聞いていたからです。

この時、もう半分の量を注射することができる選択肢も残っていました。

普通の一回量になるようにもう半分の量を体に入れてやればまた効果がある。

でも、その選択はしませんでした。

長期型ステロイドは、短期型ステロイドより
緩やかに効果が現れてくる


明日には効果が現れるかもしれない
最悪、次に病院に行ったときに
もう一回ステロイドを打ってもらえばいい

そう楽観視していたちまきは
またもや様子を見ることにしたのです。

注射を打ってから10日後

やっぱり食欲が出てこない。
それどころか段々元気がなくなってきている。

そして、いつ見てもお水の入った容器の前にいる。


注射をしているのにも拘わらず食欲が増してこないこと。
そしていままでにない行動。


一度不安に思うとハヤの行動すべてが異常に見え始めます。

FullSizeRender (71)

ずっとお水飲んでる?
今まで1日4回もオシッコしてた?

そして連日の嘔吐。

この時点でもステロイドの副作用で胃が荒れているんだと思っていたし
今回は特にステロイドの副作用が酷く出ているんだと思っていたんです。


しかし、吐しゃ物を掃除している時
胃液がピンク色をしてた事にビックリし
ハヤが吐血した!と慌てて病院へ行くことになるんです。
(吐きすぎると出血する事はよくあるそうです)


その日吐き気止めの注射と胃薬
そして嘔吐を繰り返したことによって少し脱水をしているとの事で
点滴にチャレンジしてみますか?
と先生が提案してくれて、初めての点滴をする事になりました。

今思うと、あんな凶暴ネコのハヤが点滴の提案をされるほど大人しくしていたのは
相当しんどかったんだろうな。

怒る元気もなく、難なく点滴をクリアしてくれたハヤに先生は喜んでくださり
これでこの子は腎不全になっても点滴できますね
と言いました。

(この時すでに先生の頭の中で腎不全を疑っていたようです)

次の日は病院が休みで
その次の日、
ハヤはトイレ以外はほとんど体を起こさなくなっていました。

病院に連れて行こうとキャリーに入れる時にわずかに抵抗したのみで
いつもは病院に着くまで鳴き続けるのにそれもしませんでした。

内臓疾患だろうな
いつになく吐くし
胃から少し血も出てる
ステロイドの副作用で相当胃がやられてるに違いない


ちまきはそう思っていました。

でも、それってどうやって診断するのか
きっと血液検査をしてみないとわからないはず
でもその血液検査を凶暴猫にしてくれるだろうか?

色々考えながら
思い切って頼んでみよう
と思い、コントロールマズルを鞄に忍ばせて診察室に入りました。

前回連れてきた後のハヤの症状を伝え
一度血液検査をしていただきたいんですが、という前に
なんと血液検査してみますか?
と先生のほうから言ってくださったのです。

FullSizeRender (73)




ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可