ちょび、左腎機能失う (追記あり)
2019年03月07日 (木) | 編集 |
右側の腎臓に2つの石らしきものが映っていたちょび。

IMG_1867.jpg


腎結石が二回、尿管で詰まったむさしとは兄弟なので

できやすい体質

遺伝的にそうなのかもと思うと、それほど大きく取り乱すことなく、受け止めることができました。

ただ、むさしと違って、ちょびは私たちに懐いてない家庭内ノラ。

今後の通院や投薬、自宅輸液が必要になった時のことを考えると

むさしよりも大変だし、自分たちにできるのか・・・

そんな不安でいっぱいになりました。

そんな気持ちを置いてきぼりにしたまま

今度は左の腎臓のエコー

IMG_1884.jpg


あれ?

目から入る画像を頭の中で理解する前に

耳から先生の声


こっちの腎臓は機能してないと言ってもおかしくない状態です



ちょびの左の腎臓は
私たちが今まで見たことのある腎臓のエコー画像とは全く違う形をしていて
その初めて見る形の腎臓に、先生の言葉の意味が重なり、
やっと

ちょびの左の腎臓は私たちが気づかない間に死んでしまっていた

そう、理解することができました。



なんで?
いつ?
体調が悪い事なんてなかったのに。

先生は、結石が原因でも痛みが出ない子もいるし、
先天性の可能性もあると…

ちょびは今までエコー検査はした事がなく
生まれつきなのかどうか分からない。


なんで健康診断を受けてこなかったんだろ

もっと早く病院に来ていれば・・・

そんな後悔をしても、もう遅い・・


私たちが今するべきことは後悔してふさぎ込む事ではなく

残ってる右の腎機能を守ること

その右の腎臓にも3ミリ級の2つの石

これが尿管に詰まると・・・


先生からは、むさしやよもぎと違い
尿管閉塞になった場合、即入院、24時間点滴治療
そして改善がみられない場合は早い段階でのSUBシステムの手術になります。
その心づもりでいて下さいと言われました。


今後、チッコがしっかり出ているかの確認は絶対のため
トイレ前のカメラを増やしました。

それからご飯の変更とウロアクトというサプリを始めました。

あと、水分補給

ちゅーるのお湯割り飲んでくれない…
何か探さなきゃ…

IMG_1888.jpg

ちょび、ごめんね
一緒に頑張ろうね。



コメ欄お休みします。


ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw


心配して下さったり、拍手コメントを下さった方にお返事も出来ずごめんなさい。
皆さんのブログにもお邪魔出来てない日もあり、申し訳ないです。
想像していなかったちょびの状態を知って、もちと2人、塞ぎ込んでます。

家庭内ノラのちょび
他の子と同じようにできない事への不安や、それでもどうにかしたいと思う焦りから
笑う事すら無かった数日

そんな昨日、姫さまに
『しっかりしろ!』
とオチリを叩かれた気がしました。

『私の父ちゃんと母ちゃんは必死に向き合ってくれたよ?』
そう言われた気がしました。


私達もちゃんと向き合わなければ。

そんな、向き合う勇気を私達に置いていってくれた姫さま、

本当にありがとう


スポンサーサイト