つくし、ラプロス始める
2019年04月29日 (月) | 編集 |
拍手コメントありがとうございました!

平成最後の診察も無事に終わりました(*´ω`*)
令和になって最初の日曜日も通院ですけどね( ̄▽ ̄;)

高齢猫は関節痛が出やすいそうです。
特に高いところから降りた時に負担がかかる前足に痛みが出やすいそう。
けどそれも個体差があるのかも(´・ω・`)
17歳のハヤは今まで関節の心配はほぼなかったですけど
13歳のシマはパテラもそうだし関節痛かな?と思う症状がよくありました(´・ω・`)
今までは別の病気の疑いで使っていたステロイドが関節の痛みにも効いていたけど
ステロイドをやめた今、症状が出てもおかしくないですよね(´・ω・`)
シマは関節が弱いとわかっているので気をつけてはいるんですけど、高い所に乗ったらダメと言ってもなかなかやめさせるのは難しいです( ̄▽ ̄;)
でも私達が家にいる時は気をつけて見て行こうと思います(´・ω・`)




時系列が前後してわかりにくいですが…

コニャツ、いつも行く病院より15分ほど遠い分院に13日に連れて行ってきました。

IMG-6505.jpg
@つくし

昨年10月に受けた健康診断で
驚きの数値をたたき出したコニャツですが
ご飯を腎サポに切り替え、お水増し増しでの生活を約半年ほど続けましたが
その後の再検査でも数値が基準値内に戻ることがなく今に至ります。

健康診断を見に行く→
再検査1を見に行く→
再検査2を見に行く→
再検査3を見に行く→

一度、泌尿器科専門の先生に診てもらっては?という先生の提案で
最近では通院のたびに毎回お漏らししちゃうつくたんを頑張って連れて行ってきました(;^ω^)

DA034E62-8B77-4623-A79E-0959BC3BD600.jpg


先生の方から泌尿器科専門の先生に事前につくのお話をしていただいてたこともあり
じっくりカルテも診ていただいての診察だったので
わたし的にはものすごく楽でしたw

今回の尿検査も特に際立った異変も見られず
まずはエコー検査をしその後、必要であればレントゲンを撮りましょう、と。

前回、いつも行く病院の院長には左の腎臓の形状的に少し異変が見られるという事でしたが
泌尿科の先生は

いまのところ腎臓に負担をかける石も見当たらないし
形状的にも明らかにおかしいとは言えません


*うちの病院は分院がたくさんあり
その病院にそれぞれ院長と呼ばれる方がいます。
みなさんそれぞれ専門分野があり詳しいことを調べるには
その専門の先生に一度診てもらってくださいと言われることが多いです。
1つの病院が分院をたくさん持ち、病院自体も多くたくさんの専門の先生がおられるのは飼い主的には心強い反面
専門外の部分では専門の先生に丸投げのような感じを受けたりもします。
日によって担当医が違うこともあり
最初からの経過を診られていない先生の場合
特に画像診断ではかなり先生方の性格が出ていると感じることがあります。
要は先生によって診断に差があるということ。
なのでうちは基本、今行っている病院の院長に診ていただくようにしています。



正直のところ、画像診断に関して言えば
同じ先生の目で見て頂き
定期的な検査をしていかないとかなり不安なところがあったりします。

なので、いくら泌尿器科専門の先生だからと言って
つくしの左の腎臓を初めて診た先生という事もあり
わたしたち的には話半分ぐらいに聞いています(オイ)

その辺は先生には申し訳ないけれど…。

だって腎臓に変異が見られないと言われても
つくしは実際SDMAが30なわけで
手放しで喜べる状況ではないわけですから。



泌尿器科の先生もつくの結果(血液検査や尿検査やエコー検査)では
今すぐに出来ることと言えばご飯の変更ぐらいで
実際すでに変更しているので
あと、もし何かするのであればラプロスぐらいしか
今のところはないです、と。

腎臓のお薬は治す目的のものではなく現状維持を目的にしたもの。

つくしの場合もこれ以上酷くならないように
お薬を飲ませて現状を維持していく感じ。


専門の先生ではあるけれど
話を聞けば聞くほど
今のつくしの状態はぶっちゃけるなら…やることがないと。
でも、敢えて何かをするならばラプロス。

話しても話してもこの選択しか出てこなかった・・・。

先生曰く
ラプロスを絶対始めたほうがいい、とも
まだしなくてもいい、とも言えない状況です
、と。

でももし自分の子(先生の飼い猫)だったら始めます。
でもそれももちさんちのように多頭で色々患ってる子がいて
サプリや検査にお金がかかるようならしないかもしれないですね
、と。

正直のところ、お金はものすごくかかります。
保険には入っているけれど泌尿器疾患は免責なのです。
全部自腹でそれに定期的な検査がついてくる。

そしてなにより、治す薬ではないことが
なんとなく、なんだかなぁ〜と思ってしまうところなのです。

サプリ感覚であげるにしては高い。

でも、なんだかんだいいつつ、わたしたちは始めてしまうのですw

取り敢えず、副作用の心配があるので(すぐ下痢するのー)
2週間分だけ処方していただき
大丈夫そうなら2週間後追加でもらい
その後、3ヶ月後に再検査ということになりました。

そしてその2週間が経過しましたが
特に目立った変化(副作用)はみられません。

なので追加でお薬をもらい
定期的な検査をしていくという事になりました。

SDMAの数値を重要視するならば
腎ステージ2のつくし。

今後、ラプロスでなにか変化があるのか、ないのか・・・。

まだまだ若いので腎を労わる目的で、頑張っていこうと思います。


IMG-6746.jpg





ランキングに参加しています!
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村     




ぽち、ありがとうございます。
励みになりますw


スポンサーサイト